「改名100人私が名前を変えたワケ」

キラキラネーム、トランスジェンダー、親の虐待、元受刑者。
改名した人、改名を希望する人、当事者100人に徹底取材。
9月4日(水)のクローズアップ現代+は「改名100人私が名前を変えたワケ」が放送されました。

 

 

今日本では年間4000人以上の人が改名をしているといいます。
その背景には、キラキラネームだから、男性から女性になるため、名前を読んでもらえないから、出家するため、さまざまな理由があります。

 

世間でキラキラネームと言われる読みにくい名前を持つ高校生。
キラキラネームが生まれた背景やキラキラネームの人たちがどのように感じているのかを取材。
改名の背景にある思いに迫ります。

 

放送内容

今日本では年間約4000人、1日に約11人が改名している。

 

元女子のユーチューバー2人組は改名し、元女性ならではの体験を発信している。

 

 

名前が呪いだったと話す女性。小学校5年生のときから父から暴力を振るわれるようになった。
改名して呪いが溶けたと話す。

 

過去に犯罪を犯し、再出発のため改名したいという人物が取材に応じた。
改名しないと生活できないというが、犯罪者の解明には様々な意見もあり、実際に改名も認められにくいという。

キラキラネームはなぜ生まれた?

ビッグデータで日本を読み解く宮田教授が名前の専門家とともに解説。

 

1990年半ばごろに育児雑誌が大量の名前をデータベース化して提供。
その名前に少し違う名前を付けたりずらしたりしたことでキラキラネームが生まれた。

 

差異化しながら楽しむというものに名づけも応用されたという。

 

明らかに不利になるキラキラネームというものもあるが、そこに親の愛情や名前への想いいれがあるかどうかで本人の思いも違うようだと話す。

 

実際に取材した一般的にはキラキラネームと呼ばれる高校生も改名を希望したのは今回7人に1人だった。
個性的な名前を付けられた子供が必ずしも改名したいと思うわけではないこともわかった。

 

ただし、キラキラネームでからかわれたり、就職で不利になったり、子供がその名前で苦しむケースも実際にある。

 

特にこれから子供に名前を付けるという方に見てもらいたい今回のクローズアップ現代+。
「名前」というものについてもう一度考えるきっかけとなりました。

 

見逃し動画は放送から2週間限定でU-NEXTで配信中!9月18日まで

 

以下よりU-NEXT初回会員登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント中!

 

※配信は終了しました。

■人気記事
無料お試し期間のある動画配信サービス

※当サイトで紹介している作品や価格などの情報は記事の投稿日時点での情報になります。配信終了、価格変更している場合がありますので、各公式サイトにて最新の情報をご確認ください。

クローズアップ現代+で「キラキラネーム」について取り上げた「改名100人私が名前を変えたワケ」が放送・見逃し動画を見るには?関連ページ

ランドセット投資とは?NHKクローズアップ現代+「過熱する不動産投資に異変!賃貸住宅ビジネスの深層」動画配信や再放送は?
ランドセット投資とは?NHKクローズアップ現代+「過熱する不動産投資に異変!賃貸住宅ビジネスの深層」動画配信や再放送は?
クローズアップ現代+「ウサギの彫刻に100億円!?現代アート高騰の舞台裏」再放送と見逃し配信動画
クローズアップ現代+「ウサギの彫刻に100億円!?現代アート高騰の舞台裏」再放送と見逃し配信動画