英雄たちの選択「“帝国”の誕生〜明治天皇・立憲君主への道〜」

NHKBSプレミアム「英雄たちの選択」、新年度第1回は「“帝国”の誕生〜明治天皇・立憲君主への道〜」が放送されました。

 

 

幕末維新の動乱のさなかに誕生したのが明治天皇。
わずか14歳で即位した若き天皇はその後、時代の大きなうねりに飲み込まれていく。

 

新政府は「明治天皇」を新しい時代の天皇として位置づけ、イメージ改革に取り組んだ。

 

幕末まで、京都以外では民衆になじみがうすかった天皇が、いかに国民に受け入れられ、新しい時代に即した天皇になっていったのか?
「帝国」が誕生する道程を描きます。

再放送・見逃し動画

放送
2019年4月3日 午後8時〜

 

再放送
2019年4月10日(水) 午前8時〜

 

見逃し配信
「英雄たちの選択」は放送より2週間限定で見逃し動画を配信しています。
「“帝国”の誕生〜明治天皇・立憲君主への道〜」の見逃し動画はU-NEXTで2019年4月17日まで配信されています。

 

 

1話216円で視聴できます。以下よりU-NEXTに初回会員登録しますと視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント中です。
そのポイントを使って視聴することができます。

 

※2週間経過すると配信は終了しますので、見たい方はお早めにどうぞ。

 

※配信は終了しました。

放送内容

国民の前に見える天皇として現れた近代天皇制の原点と言えるのが「明治天皇(1852-1912)」だ。

 

明治の幕開けにより、わずか14歳で即位することになった明治天皇だが、一般の人々にとって天皇というのは神のような遠い存在のものだった。

 

幕末から明治維新へ!
慶応4年 鳥羽伏見の闘いで旧幕府政府に勝利した新政府は天皇のイメージ改革に取り組んだ。

 

木戸、大久保、西郷 

 

文明開化を推し進める中で、天皇も新時代にふさわしいものにしていく必要があった

 

軍服にひげの西洋の皇帝風スタイルに変身した天皇は、全国巡幸で生身の姿を国民に披露していった。

 

全国巡幸
鹿児島から北海道までいわゆる天皇の全国ツアー
国民にその姿を見せに行く。異例とも言われる天皇の顔見せ。
国民は天皇はどう受け止めたのか?

 

立憲君主制への模索 
徳をそなえた聖人君子に育てようとした天皇の側近たち。
天皇のそばで道徳や、政治を教えていった。
問われる天皇の位置づけの中で彼らは憲法の中で天皇親政をめざした。
しかし、その頃になると明治天皇は政治への興味を失いかけ、遊びやおしゃべりにうつつを抜かしていた。

 

その後天皇は、伊藤博文らの立憲君主制に賛同し、明治憲法の制定を後押しした。

 

明治22年2月 大日本帝国憲法発布
憲法で天皇は、憲法に従い、立憲君主として憲法の制約を受けることが明確になった。

 

イメージ戦略、全国巡幸などを通して、明治天皇が国民に受け入れられ、「帝国」が誕生する道程を描く!

 

見逃し動画は2週間限定でU-NEXTで配信中!(2019年4月17日まで)

 

※配信は終了しました。

■人気記事
無料お試し期間のある動画配信サービス

※当サイトで紹介している作品や価格などの情報は記事の投稿日時点での情報になります。配信終了、価格変更している場合がありますので、各公式サイトにて最新の情報をご確認ください。

英雄たちの選択「“帝国”の誕生〜明治天皇・立憲君主への道〜」の再放送と見逃し配信動画関連ページ

英雄たちの選択スペシャル「そして万葉集が生まれた〜大伴家持が残した日本人の心」再放送と動画の見逃し配信
英雄たちの選択スペシャル「そして万葉集が生まれた〜大伴家持が残した日本人の心」再放送と動画の見逃し配信
英雄たちの選択「打倒信長!戦国忍者の戦い〜真説・天正伊賀の乱〜」の再放送と見逃し配信動画
NHK BSプレミアム 英雄たちの選択「打倒信長!戦国忍者の戦い〜真説・天正伊賀の乱〜」の再放送と見逃し配信動画の視聴方法