動画配信サービスの画質の違いにつて SD、HD、4Kとは?

動画配信サービスのサイトを見ているとSD、HD、4Kなどの文字がでてきますよね。

 

SD、HD、4Kという用語は一体なにかというと実はこれは画質の違いを表しています。

 

まずSDと呼ばれる画質ですが、これは普通の画質ということになり、スタンダード、という意味です。
インターネット配信の画質では下層のため、画像が粗い、汚い、と言われますが、実に観てみるとそこまで悪いというわけではありません。
しかし現在のデジタルテレビの画像がよくなってきたせいで、キレイな画質に慣れていると多少汚いと感じる人もいるようです。

 

画質は劣りますが必要となる容量が減るので、外でスマホを使って画像を見る事も出来ます。
ネットの速度が足りなくても事足りますから、その点から考えると良いのでしょう。

 

次にHDですが、HD画質とはハイビジョン画質というものになり、今最も主流である画質であると言われています。
HDはブルーレイを見るような感覚ととらえると良いでしょう。
実際見てみると本当にキレイな画質で、見る人が見ればSDとは違うとすぐに分かります。
しかしそれなりにインターネット速度は必要になりますから、推奨速度を満たしているかどうかを検討する必要あります。
HDはもはや今のスタンダードになりつつありますから、迫力やそれなりの美しさを画面に求めるのならHDが良いでしょう。

 

さらに4K画質というものもありますが、これは最も良い画像であるとされています。
ハイビジョンをしのぐほどの美しさを兼ね備えていると言われています。
ノイズはほぼないと言って良いでしょう。

 

しかし現在4Kで楽しむ配信作品は殆どないと言われています。
ですから殆どはHDで良いと言われています。
今ある現状から見てみると、良い状態で配信映像を見るのならHDが最もベストだと言えます。

■人気記事
無料お試し期間のある動画配信サービス

※当サイトで紹介している作品や価格などの情報は記事の投稿日時点での情報になります。配信終了、価格変更している場合がありますので、各公式サイトにて最新の情報をご確認ください。

動画配信サービスの画質の違いにつて SD、HD、4Kとは?関連ページ

クロームキャスト(Chromecast)とは?使い方は?
クロームキャスト(Chromecast)とは?使い方は?
Apple TVとは?何ができるの?使い方は?
Apple TVとは?何ができるの?使い方は?
マルチデバイスとは?
動画配信サービスでよく聞く「マルチデバイス」とはどういう意味でしょうか?マルチデバイス対応の動画配信サービスを紹介しています。
セル(動画販売)とレンタルの違い
動画配信サービスのセル(動画販売)とレンタルの違いについて