ネットで映画を視聴できる見放題 or レンタルサービスを比較

実物のDVDやCDをレンタルしてテレビやDVDで見るのではなく、インターネットに接続して映画を見ることのできるサービスが動画配信サービスです。
動画配信サービスといえば今や洋画、邦画、などの映画だけでなく、海外ドラマ、日本のドラマアニメなどさまざまなジャンルを扱っていますが、中でも「ネットで映画を見たい!」という方のために映画を見るのにおすすめのサイトを紹介します。

 

ネットで視聴する動画配信サービスの中でも1本単位でネット上で作品を購入(レンタル)するタイプのPPV型(ペイパービュー型)月額料金で見放題となる見放題型のサービスがあります。

 

見たい映画がこれ!と決まっていてその1本だけを見れればいいという場合や月に映画は2〜3本しか見ないという方は1作品ごとに購入するPPV型のサービスでもいいと思いますが、今や月額1,000円もだせば、かなり人気の映画もラインナップされていて、月に何本見ても見放題というサービスも増えていますので、月に映画を3本以上観るなら見放題の動画配信サービスを検討してみてもいいと思います。

 

また各サービス無料期間などもありますので、いくつかのサービスを順番にお試しすれば無料で映画を観ることも可能です。

特に映画を観るのおすすめの動画配信サービスを比較してみました。

  料金 体系 映画配信本数 作品傾向 無料期間
Hulu 933円(税抜) 見放題

見放題作品
洋画:約620本
邦画:約480本

人気映画多数!ただし新作はあまりない 2週間
dTV 500円(税抜) 見放題+PPV

見放題作品
洋画:約1400本
邦画:約880本

古めの映画も多いが、それでも見放題の中では配信本数最多。新作はPPVで視聴可 31日間
U-NEXT 1990円(税抜) 見放題+PPV

見放題作品
洋画:約645本
邦画:約565本

新作映画の配信が充実(ただし新作はPPVとなります) 31日間
TUSTAYA TV 月額933円(税抜) 見放題+PPV

見放題作品
洋画:約240本 
邦画:約420本

洋画がやや少なめ 30日間
楽天ショウタイム 1本300円〜500円程度 PPV

洋画:約3000本
邦画:約3300本

邦画の配信本数最多、昔のマイナー作品などのラインナップも充実 _

 

※配信本数は2015年10月7日時点。配信作品や本数は随時変動していますのでご了承ください。

映画がおすすめの動画配信サービス!

Hulu

洋画・邦画のバランスがよく、人気作・話題作バランスよく揃っているのがHuluです。
映画は洋画・邦画合わせて1000本以上が月933円で見放題!
完全見放題型なので、どれが見放題かPPV(課金作品)か迷うこともなくすべてが見放題なので安心です。
見放題なのでさすがに新作は少ないですが、旧作といわれる作品を中心に充実したラインナップが人気です。
>>Hulu 2週間無料トライアルはこちら

 

 

 

dTV

洋画・邦画合わせてなんと2000本以上の映画が月500円で見放題!
配信本数日本最多と標榜するとおり、見放題作品数の多さは他の追随を許しません。
しかも月500円というのがスゴイ。
作品は人気作もありますが、少し前にはやった作品ややや古めの作品などもラインナップされています。
新作など別途料金を払えば見れるPPV作品もあります。
>>dTV初回31日間無料登録はこちら

 

 

U-NEXT

そこまで安さにこだわらないのであれば新作が充実しているU-NEXTもおすすめです。
見放題の作品群とPPVの作品群に分かれていて、最新作などの映画はPPV作品として配信されています。新作はレンタル同時配信のものもあり、家にいながら最新作を楽しめます。
PPV作品はポイントを使って観れますが、新作はだいたい1本500ポイント程度。見放題会員になると月1000ポイントもらえるので、月1990円で見放題作品+新作2本程度を観ることができます。
>>U-NEXT 16日間無料トライアルはこちら

 

 

楽天ショウタイム
観たい作品が決まっていて1本単位でレンタル購入して見れればいいというのなら楽天ショウタイムがおすすめ。
配信本数も多く、楽天独自のキャンペーンなども頻繁にやっているのでこまめにチェックすればお得に見ることも可能。楽天ポイントも貯まります。

■人気記事
無料お試し期間のある動画配信サービス

※当サイトで紹介している作品や価格などの情報は記事の投稿日時点での情報になります。配信終了、価格変更している場合がありますので、各公式サイトにて最新の情報をご確認ください。