宅配レンタルサービスと動画配信サービス

動画配信サービスをレンタルショップの代わりに使い始めたという人も多いと思いますし、実際に私もレンタル代わりに使って大変満足している一人です。もうレンタルに戻ることはないと思います(笑)

 

レンタルショップのデメリットはなんといっても店舗に自分が出向いて借りたり返却しなくてはいけないところ。
ではおなじレンタルでも宅配レンタルサービスなら店舗に出向く必要もないですし、動画配信サービスと比べてどうなのでしょうか?

 

宅配レンタルサービスというのは、家に居ながらにしてDVDなどをパソコンやスマホからレンタル注文して、自宅にDVDが送られてきます。そして見終わったらポストに返却。実際に店舗にいかずにやりとりができてしまいます。
初めてこのサービスを聞いた時はなんて画期的なんだろうと思いましたが、現在では動画配信サービスに押され気味。

 

その大きな理由の1つとして挙げられるのは、宅配レンタルは実際のDVDをやりとりするため、どうしてもタイムラグが生じてしまう(見たいと思った時にすぐ見れない。)というところだと思います。
いったん今手持ちのDVDを返却してからでないと、次の新しいDVDを送ってもらえないなどの制約もあります。
それに貸出中で借りられないということもありますし、店舗に出向く必要はないとはいえ、返却の手間がまったくないとはいえないでしょう。

 

それに比べて動画配信サービスは家にいながらでも外出先でもスマホはやPCでその場ですぐに観たい動画を見れますし、実際のDVDをやりとりする手間も返却の手間もないです。しかもこれだけ便利な上に価格もレンタルDVDよりも安いところもあるくらいです。

 

宅配レンタルの主なサービス

  主なプラン 月額 サービス内容
TSUTAYA DISCUS 定額レンタル8 1,865円 新作含む8枚+9枚目からは旧作を借り放題
DMM.com ベーシック8シングル 1,890円 2枚1セットを4回、合計8枚まで
GEO スタンダード8 1,890円 月8枚まで

 

主な動画配信サービス

  主なプラン 月額 サービス内容
Hulu 見放題制 933円 13,000本以上の動画すべてが見放題
dTV 見放題+PPV 500円 見放題作品すべてが見放題
U-NEXT 見放題+PPV 1,990円 見放題+PPV作品が見れるポイントが1000円分ついてくる

※PPVとは1作品ごとの課金制です。見放題にプラスして課金制の作品も見ることができます。

 

・安い ・早い ・便利
となると今後も動画配信サービスに軍配が上がるのではないでしょうか。

 

ただレンタルDVDならではのよさもあります。
レンタルなら在庫があるものなら、おそらく数か月先にまた借りたいと思ったらその作品が貸出中でなければ置いてあるでしょう。
でも動画配信サービスには配信期限という概念があるため数か月先に見ようと思って探してもその作品の配信が終了してしまっていれば、見れなくなってしまうなんてこともあります。

 

また動画配信サービスによって自分が見たい作品のラインナップがいまいち、なんてところもあるので、登録する前に自分に合ったところがどこなのか調べる必要があります。(とはいっても無料お試し期間があるところを選べば問題ないですけどね)

 

あとはDVDで映画やドラマを見るのに慣れているからとか、映画はテレビで見たいけど、動画配信サービスだと自分の家のテレビに対応していない、パソコンなどインターネットに接続した環境がない方などからはこれからもニーズがあるかもしれません。

動画配信サービスのメリットとデメリット

メリット
・見たい時にすぐに見れるスピード感が格段上!
・返却の必要がない
・見放題定額制なら何本見ても月額料金のみなのでコスパがよい

 

デメリット
・配信作品の入れ替えがある
・対応機種でないとテレビで見れない

宅配レンタルのメリットとデメリット

メリット
・ラインナップが安定している
・プランによっては新作も見れてお得
・月額定額制プランを利用すると店舗へ借りにいくよりも安くなる場合が多い

 

デメリット
・DVDが家に届くまで数日かかる
・貸出中の恐れがある
・DVDを返却しないと次の作品が送られてこない
・1回の貸出枚数が決められている場合がある

■人気記事
無料お試し期間のある動画配信サービス

※当サイトで紹介している作品や価格などの情報は記事の投稿日時点での情報になります。配信終了、価格変更している場合がありますので、各公式サイトにて最新の情報をご確認ください。