NHKプラス(NHK+)とはどんなサービス?

2020年3月1日よりNHKの新しい動画サービス「NHKプラス」が試行的にスタートします。(正式スタートは4月1日から)

 


NHK+公式サイトより

 

「NHKプラス」とは基本的に2本の柱からなっています。
1、放送同時配信
2、見逃し番組配信

 

1、放送同時配信

放送同時配信は、NHKの地上波の番組(総合、Eテレ)を放送と同時にスマホやパソコンなどで視聴できるサービスです。
これまではテレビでしか見れなかった番組を、外出先やテレビのない場所でもスマホやパソコンからいつでもテレビ放送と同時に楽しめるようになります。
テレビ番組はテレビの前で観るもの、というこれまでの常識が一変することになるかもしれません。

 

2、見逃し番組配信

見逃し番組配信は、NHK総合、Eテレで放送された番組を、放送から1週間という期間限定で見逃し配信するサービスです。
民放などではすでにはじまっていたTVerのような見逃し配信サービスがNHKで本格的にスタートすることになります。
放送を見逃してしまった!という時にリアルタイムで見れなくても1週間という短期間ではありますが、無料で見逃した番組をいつでも視聴できるようになります。

NHKプラスとNHKオンデマンドの違い

3月1日より「NHKプラス」がスタートすることで「NHKオンデマンド」も変わります。

 

 

ここでは「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違い、NHKオンデマンドの新しいサービス「まるごと見放題パック」について紹介していきます。

 

これまでNHKの番組は基本的に放送の翌日から2週間限定でNHKオンデマンドで有料配信されていました。(番組によっては配信されないものもあります)

 

「NHK+」のサービス開始に伴い、総合・Eテレの番組が1週間無料で見逃し配信されることになったため、NHKオンデマンドの放送後1週間以内の有料配信は終了します。

 

それに伴い「NHKオンデマンド」これまでの「見逃し見放題パック」と「特選見放題パック」が1つに統合され、「まるごと見放題パック」1本化されます。

 

価格は据え置きの990円(月額)で「見逃し番組」と「特選番組」の両方が視聴できるようになりよりお得になります。

 

新しいNHKオンデマンドについてはこちら

NHKプラス NHKオンデマンド
放送波 地上波(総合、Eテレ) 地上波(総合、Eテレ)、BS1、BSプレミアム
配信

ライブ配信
見逃し配信(放送終了時刻から起算して7日間)

オンデマンド配信
配信作品数 NHKで放送された最新作〜過去の作品7000本程度配信
料金 無料 月額990円(税込) or 単品販売(110円〜)
加入条件 受信契約者(登録後ハガキで確認あり) 誰でも加入OK

※NHKまるごと見放題パックは毎月1日〜月末までが契約期間となり、申込日から月末まで対象作品が見放題で楽しめます。

サービス開始時期

NHKプラス
2020年4月1日〜 午前6時から翌日午前0時まで1日18時間程度 ※ 3月1日から試行的に実施 午前7時から翌日午前0時まで1日17時間程度

 

NHKオンデマンド
3月1日より試行的に開始

NHKプラスの登録方法

NHK+の利用者登録2020年3月1日より、NHK+の公式サイトから登録がスタートします。

 

NHK+の登録方法

NHKプラス公式サイトより

 

1、NHKプラス公式サイトにアクセスする

 

2、ID、パスワード、受信契約者情報を入力
(入力後すぐに利用可能)

 

3、利用者確認
登録後、すぐに利用できるようになりますが、その後、登録情報をもとに、確認ハガキが届きます。
ハガキに記載されている「確認コード」を入力することで正式登録完了となります。
※その後確認コードの入力を忘れたままだとIDが使えなくなります。

 

登録がスタートしました!
>>NHKプラス登録(NHK+公式HPへリンクしています。)

 

関連記事
新しいNHKオンデマンド「まるごと見放題パック」がすごい!お得になったポイントを解説

※当サイトで紹介している作品や価格などの情報は記事の投稿日時点での情報になります。配信終了する場合もありますので各公式サイトにて最新の情報をご確認ください。

「NHKプラス」とは?「NHKオンデマンド」との違いを比較!「NHK+」の申し込み方法、登録開始はいつから?関連ページ

歴代大河ドラマが見放題!過去の「大河ドラマ」をまるごとパックで一気見する方法
歴代大河ドラマが見放題の配信サイト NHKまるごと見放題パックで過去の「大河ドラマ」を一気見する方法