ブラタモリ

2020年3月14日(土)のブラタモリはキリシタンゆかりの町へ!
#160「島原・天草〜なぜキリシタンは250年も潜伏できた?〜」が放送されました。

 

 

今回は熊本県の天草、長崎県の島原を巡る旅

 

2018年「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録されたこの地域

 

キリシタンたちは、江戸時代から幕府の目を逃れながら明治まで250年もの長いあいだ、信仰を守り続けてきました。

 

なぜ250年も潜伏することがきたのか?

 

その秘密をタモリさんが解き明かします。

 

今回で林田アナは「ブラタモリ」ラストとなります。送り出すタモリさんの言葉にも注目です!

再放送・見逃し配信

放送
2020年3月14日(土) 午後7時30分〜

 

再放送
2020年4月28日夜11:45より再放送がありました。

 

見逃し配信
ブラタモリは放送より2週間限定で配信しています。「島原・天草〜なぜキリシタンは250年も潜伏できた?〜」の配信は終了いたしました。

 

ブラタモリの最新配信情報はコチラ

放送内容

以下は、「島原・天草〜なぜキリシタンは250年も潜伏できた?〜」の放送内容について紹介しています。
※動画の配信は終了しています。

 

1549年 日本にキリスト教伝来
1566年 天草にキリスト教布教

 

しかし、その後江戸時代になると
江戸幕府が全国に禁教令を発令

 

1628年長崎で「絵踏」がはじまる

 

そのような中、天草では、キリシタンが250年もの間潜伏

 

なぜ250年も潜伏できたのか?

 

その理由を探ります!

 

 

まずやってきたのは世界遺産・島津集落

 

昭和9年に建てられたカトリック教会
さまざまな西洋楽器がもたらされ、さかんに演奏された
信長や秀吉も気にいっていたという西洋音楽
秀吉が3回アンコールしたという曲「Mille Rigrets-千々の悲しみ-」を演奏

 

そして、江戸時代の地図に250年潜伏のヒントが!
庄屋が行っていた踏み絵でのキリストの取り締まり
小さな村で潜伏できた理由はその踏み絵にあった!

 

さらに潜伏キリシタンは

 

お金の十字架
貝殻の天使

 

などさまざまな工夫で信仰を守り通してきた。

 

キリシタンの中心人物が神社の氏子総代を務めるなど、寺社の要職を担うこともあったという。

 

1805年想定外の大事件天草崩れで村人の7割もの潜伏が発覚
しかし、全員無事だった!?
それはなぜなのか?そこには驚きの秘密があった!?

 

次にタモリさんたちは、長崎県の島原半島へ

 

「島原・天草一揆」激戦の痕跡を原城の跡で探ります。

 

今回は2年間務めた林田アナが「ブラタモリ」ラストの回に!
「この2年間の思い出を抱きしめて一生生きていきます。」

 

「出世なさいませ」
タモリさんらしい言葉で送り出します!

 

やはり、アナウンサーラストの回はジーンとしてしまいますね。

 

※この記事の情報は2020年4月29日時点でのものです。

■人気記事
アニメ「鬼滅の刃」を全話無料で見る方法
漫画「鬼滅の刃 最終巻(23巻)」を無料で読む方法
新しいNHKオンデマンド「まるごと見放題パック」がすごい!
無料お試し期間のある動画配信サービス

※当サイトで紹介している作品や価格などの情報は記事の投稿日時点での情報になります。配信予定日は変更となる場合があります。配信終了する場合もありますので各公式サイトにて最新の情報をご確認ください。

ブラタモリ「島原・天草」の再放送は?林田アナラスト!動画の見逃し配信関連ページ

ブラタモリ「熊本」の再放送は?桑子真帆アナ 動画の見逃し配信
ブラタモリ「熊本」の再放送は?桑子真帆アナ 動画の見逃し配信「#35水の国・熊本」がアンコール放送